すね毛薄くする

すね毛薄くする抑毛・脱毛方法

人によってすね毛が濃い薄いの理由

人によってはすね毛が濃い人もいればすね毛が薄い人もいます。
同じ同性でも異性でもそれは現れることで、実際のところすね毛が濃い人、薄い人の違いというのはなんなのでしょうか。
ずばり理由としては遺伝、もしくは男性ホルモンの影響が強いとされています。
遺伝の原因として今まで受け継がれてきたDNAによって男性ホルモンの分泌が過剰に出る傾向があります。
男性ホルモンとは男性ホルモンはステロイドという分泌物質のひとつといわれていて、身体のなかで筋肉を発達させる、体毛を増やす(濃くする)、などの効果を促すホルモンです。
男性ホルモンの分泌が多い人ほど体毛が濃く、男らしいガタイ、ハゲやすいという傾向があります。
なお男性ホルモンといっても女性にも分泌されるホルモンです。
女性の方ですね毛が濃いという方はこの男性ホルモンの分泌が多いというのが理由です。


各すね毛の処理方法

抜く

一般的な処理方法で、人によってはガムテープを張り一気に剥がすと処理できるという荒業もあります。
最近では脱毛器を使って処理する人もいるようです。
メリットは目に見えて効果がある点、デメリットは肌が弱いと炎症を起こす可能性や毛穴が目立つというデメリットがあります。

 

剃る

一般的にシェーバーやカミソリなどを用いてすね毛を処理します。
値段も安く、簡単に処理を行えることがメリットです。
デメリットとしては肌が弱い人は炎症を起こす場合や、すぐに新しいすね毛が生えてくるためチクチクする、常に処理を行う必要があるというデメリットがあります。

 

脱毛サロン

専門の脱毛サロンで施術をする場合、一般的な脱毛とは違い次に生えてくるすね毛が時間が掛かるというメリットや自己処理より丁寧な仕上がりなのが魅力です。
ただし、サロンで施術をしてもらう必要があるためその分の料金は高くなります。

 

除毛クリーム

除毛クリームは専用の薬液によって表面上のすね毛を溶かして除毛を行う手法です。
塗るだけで簡単に溶かすことが可能なので処理のしやすさは魅力です。また剃る、抜くに比べて肌のダメージも少ない点がメリットです。
ただし、除毛クリーム自体すね毛が濃い人は大量に使用する必要があるため溶液自体のコストが非常に掛かることがあります。
濃い人の場合除毛できた箇所とできてない箇所がまばらになり仕上がりがあまりよくないというデメリットがあります。

 

抑毛ローション

抑毛効果のあるローションですね毛の箇所に塗るだけでじょじょにではありますが、すね毛が薄くなる効果があります。
小さいお子さんから肌の弱い敏感肌の人にも利用可能でどなたでも安心して利用することが可能です。
抑毛効果が現れるまで継続して使い続ける必要がある点や、直ぐに効果があるというものでもないためその点はデメリットです。


すね毛抑毛のススメ

男性の場合すね毛というのは適度に残っていないと女性からは潔癖症すぎてちょっと引かれる傾向があります。
最近ではロードバイクですね毛を処理する男性も増えてはいますが、適度なすね毛は男性的で良いとされています。
しかし過剰なすね毛は気持ち悪い、臭そう、汚そうというマイナスイメージを持たれてしまいバランスが難しいということもあります。
そこでオススメなのが抑毛です。抑毛とは脱毛とは違いすね毛の生えるのを抑制、また現在生えているすね毛を薄くさせる効果があります。
即効性はありませんが、使っていくうちに次第にすね毛が薄くなりちょうどいい塩梅になるのでオススメです。
抑毛ローション自体、天然植物成分で構成されているため小さいお子様や肌の弱い人にも利用できる商品なためどなたでも使用できるというメリットがあります。

すね毛を薄くするオススメ抑毛ローションの紹介

コントロールジェルME

こちらの抑毛ローションは効果がみられなければ返金保証サービスもついた小さいお子さんから敏感肌の方も利用できる天然成分の抑毛ローションです。1日1回お風呂上りに塗るだけでばっちり抑毛効果が得られます。

ホーム RSS購読 サイトマップ